2017年10月15日日曜日

下に~下に~!!


11月3日文化の日は、箱根大名行列が箱根湯本で毎年開催されます。「下に~下に~」と大きな掛け声とともに、露払いを先頭に、六尺、挟み箱、毛槍、弓、鉄砲、歩士(かち)、小姓、大名、家老、大名駕籠、奥女中、腰元、長持等、総勢170名ほどで、旧街道や温泉街を約6㎞にわたって練り歩きます。
 
 
 
大名行列とは?江戸幕府が、幕藩体制維持のために各大名に命じた参勤交代は3代将軍徳川家光によって制度化させました。大名の家族を江戸に移住させ、大名は1年おきに江戸と国許を往復しました。大名行列のの員数・規模は、各大名の石高によって決められ、箱根大名行列は、小田原藩11万3千石の格式にならっています。
 
 
 
当日は、交通規制があります!!のでご注意下さい。
 
江戸時代にタイムスリップした後は、箱根嶺南荘で
湯ったり🍵温泉で湯っくり♨お寛ぎ下さいませ。
 
 
 
担当:なな
 
 

2017年10月6日金曜日

♨温泉豆知識その②♨

 最近、気温が下がり更に肌寒くなりました♨
温泉が益々恋しくなって参りました♨

近年身近になってきた、足だけお湯につける「足浴」や手だけお湯につける「手浴」などを「部分浴」と言います。

足湯などで足を温めるだけで、全身の血行がよくなります。
体の一部をつけるだけだと、その部分しか温まらないように思えますが、実は全身の血行が良くなるのです

足は第二の心臓」と言われるように、足の筋肉が血液を押し上げるはたらきをしているのです。
しかし、運動不足であったり筋力不足になったりすると足の血液が心臓に戻りにくくなります。そこで、足を温めて血行を良くしてあげるとポンプアップ効果により足に溜まりがちな血液が上半身に押し上げられ全身の血行がよくなります。

足浴は心臓への水圧負担がないことから、長湯できます。
心臓から出た血液は1分間で心臓にもどるので、20分入浴すれば20回分の血行促進の手伝いができるというイメージで考えると、長湯できる足浴の素晴らしさがわかります。

 冷え性の方は、手先、足先など体の末端ほど血行不良となりやすいので、足浴とともに手だけお湯につける手浴をおこなうことにより冷え性改善にもつながります。




↓↓↓お気に入りの足湯です↓↓↓
 


場所は、近日中に紹介したいと思います♨
お楽しみに~♪


担当:温泉ソムリエマスター☆なな

2017年9月24日日曜日

キンモクセイ

 最近、嶺南荘へ近づくとふんわりと甘~い香りがします。

香りの正体は、秋の風物詩とも言われるキンモクセイが開花しました!!昨年は、台風で一気に花が散ってしまい掲載できませんでした。




 2017.9.24撮影


キンモクセイの香りは、3~7日間ほどの短い開花期間のみ感じることが出来ます。冷夏でも大気が不安定でも、ちゃんと季節がわかるってすごいですね。お彼岸も過ぎ、過ごしやすい初秋の箱根をご堪能ください。



担当:なな

2017年9月21日木曜日

秋のお便り

9月も中旬を過ぎると一気に秋が深まって参りました。
日中は過ごしやすく朝晩は冷え込んできました。

仙石原のすすき草原も銀色になってきましたよ!!

                              
                            2017.9.20撮影

    
「かながわ景勝50選」「かながわ花の名所100選」にも選ばれている名所。台ヶ岳の斜面を覆い尽くすススキ草原。
銀の穂が風にキラキラとゆらめく風景は、幻想的です。

[毎年見頃]9月中旬~11月中旬頃

10/1~11/3(金・祝)の土・日・祝日限定で「仙石ススキバス」を運行予定。強羅~仙石高原(すすき高原)を経由し箱根海賊船の桃源台駅までを結ぶバスで1日4往復する予定。


ちなみに1週間ほど前に撮影した時は、まだ銀色ではなかったです。
 


秋のお便りも届き
温泉が恋しい時期になりました!

姫に優しいしっとりの湯「箱根嶺南荘」へ
是非お越し下さいませ!




担当:温泉ソムリエマスター☆なな



2017年9月8日金曜日

温泉ソムリエ公式オフ会 in 箱根

先日、箱根で温泉ソムリエ認定セミナーが開催され♨
同時に行われた温泉ソムリエ公式オフ会in箱根に参加して来ました♨

家元を囲んでの交流会には、私と一緒に認定セミナーを受講したメンバーや箱根の宿泊施設に従事しているソムリエ、この日のために遠方の滋賀県からセミナーを受講し参加した新人ソムリエetc
みなさんとても気さくで、楽しい時間でした。箱根の温泉ソムリエならではの会話は、本当にマニアックで(^^;)交流会前に温泉に入ったのですが「分析表」「温度」「PH値」「メタケイ酸」や箱根の観光情報、イベント情報、集客方法等々とても有意義な時間でした。

記念撮影(みなさんに掲載許可戴いてます)
 
家元も「箱根温泉郷」についていろいろお話してくれましたが、箱根は泉質が豊富なので温泉巡りにも最適で恵まれた観光地♨なので温泉ソムリエとしても是非がんばって下さいとお言葉頂きました!

※「温泉郷」とは法令による定義はありませんが、古くから一定の範囲に複数集まっている温泉地の総称

秋気がようやく深くなるこの頃、箱根温泉郷の一つ「大平台温泉」箱根嶺南荘へ是非お越しください。

スタッフ一同お待ちしております。



担当:温泉ソムリエマスター☆なな ♨

2017年8月19日土曜日

盆の送り火 大文字焼2017



8月16日盆の送り火「大文字焼」が行われました。
朝から雨で、開催が危ぶまれましたが天気予報が夕方から雲り予報なので午前8時に「決行」が決定されました。

点火時刻19:30が近付いて来ましたが・・・下界からは山頂が霧に覆われてて見えなそうな・・・予感。

写真のとおり花火は、何とか見えましたが🎇・・・大の文字は、少ししか見えませんでした。



ナイヤガラは2本何とか見えました。



天候に恵まれなかったのは残念ですが、何か月も前から準備をしていた宮城野青年会や関係者が1番残念かと思います。


大文字山に登る前、青年会の友人を写真撮影。
こんな感じの服装です。


下山後
顔も真っ黒で足元しか撮影許可が出ませんでした(笑)

 


毎年恒例の会話もしましたが、雨の中の準備は体温を奪われる上、足元が悪いのでいつもより疲労感が・・・。といつもと違う会話でした。
 
 
 
 
担当:なな
   


2017年8月15日火曜日

虫送り火祭り

14・15日にと宮城野木賀温泉夏祭りが開催されます。

その中でも14日に行われた「虫送り火祭り」について紹介したいと思います。「虫送り火祭り」の始まりは江戸時代までさかのぼります。安永5年(1776年)に甲州下吉田村(現在:富士吉田市)の萱沼儀兵衛という人物によって仙石原~宮城野(1816年に書かれた神楽字引が伝わっています)へ伝えられとされる「湯立獅子舞」の行事がありますが
(blogでも紹介しました)
同じ頃に宮城野の地では村人を天災や悪疫から守り、天下泰平・五穀豊穣・無病息災を祈願する虫送りの神事が行われ今に伝えられています。


虫送りでは、稲に付く害虫ウンカなどの災いを払い悪疫退散を願います。


18時から諏訪神社にて奉納舞→19時獅子舞と共に松明を手に練り歩きます!(観光客もOK)最後は、灯篭が並べられた大文字橋を渡り「虫」を封じ込めた輿を焼き払って(お焚き上げ)1年の息災を願います。


天候が心配されましたが、無事お焚き上げ
幼い頃、獅子舞に頭を噛んでもらうと風邪をひかないと教わり噛んでもらった思い出があります。ただ、子供には獅子舞が怖く泣き叫んでる姿を毎年見かけます(笑)

16日は、盆の送り火「大文字焼き

刈取作業・篠竹の準備など約2ヶ月も前から天候不順の中行われてました。昨年は、台風で危ぶまれていましたが今年も無事「」の文字が夜空に浮かびます様に!!

 
担当:なな